これも又、企業社会終焉の物語の予兆か、

追記:「モーニング・ツー」で突如連載を打ち切られた漫画家・中村珍が”排泄”する怨念の短編集『ちんまん』|日刊サイゾー
ちんまん―中村珍短編集 (ニチブンコミックス)
ハタチの原点―仕事、恋愛、家族のこれから (双書Zero)
自由という服従 (光文社新書)
偶々、マイミクさんがミクシィで「中村珍」について書いていて、別のマイミクさんのコメントで又、「中村珍」が登場したので、「中村珍は何者?」と全く知らなかったのですが、グールグル検索したら、彼女の『羣青』連載終了のお知らせ講談社・編集者との長文の経由を知ることが出来ました。
改めて大出版社の余裕のなさ、制度疲労が進んでいるのではないか?と感じました。
この悩ましい問題解決に昨日、読んだ阿部真大の『ハタチの原点』の第九講「息苦しい日本の職場」で引用している数土直記の『自由という服従』の中で分析している「理由なき服従」に起源を持つ会社人(中小企業の場合はいつやめてもまあ、いいかと言うゆるさがあるが、大企業の場合は過剰に反応する)の鈍感さと不安に対する痛ましさに何とも言えない気分になりました。
しかし、『ハタチの原点』は題名・表紙から想像するサブカル本ではなくて、結構、アカデミックな本ですよ。「若者文化」から始まって「遺言信託」に着地する講座形式の流れは見事で全体として首尾一貫している。「若者文化」、「新卒採用」、「純愛」、「合コン」、「再チャレンジ」、「癒し」、「監視社会」、「近代家族」、「遺言信託」の流れになっているのです。

しかし、第10講の最初に話したとおり、これらは戦後社会、つまりは日本型福祉社会の終焉にまつわる話である点で一貫しています。第1講から第4講で扱った新卒採用の問題、第7講で扱った年長フリーターの再チャレンジの問題、第8講で扱った彼らの「癒し」の問題、第9講で扱った職場のIT化のなかでいよいよ窒息する正社員の話は、日本型福祉社会の一側面である企業社会の終焉に関する話です。対して、第5講と第6講で扱った「純愛」志向の高まり、第10講から第12講で扱った介護と相続の問題は、日本型福祉社会のもうひとつの側面である近代家族の終焉に関係する話です。
 こうした話をするなかで、日本型福祉社会の後に来るであろう、ポスト日本型福祉社会のぼんやりとしたイメージがみなさんのなかに少しでも浮かび上がってっきたとしたら、この講義は大成功です。絶望と萎縮の間に、あなたは何を見ましたか?(p181)

 「家的直系家族」/「絶対的核家族」/「修正直系家族」を時代背景に沼正也の「親族・相続法」、そして、我妻栄の「債権法」、そして、社会・労働法を串刺しにして勉強する必要があるかもしれない。それが、僕が朧気に見た何かです。さて、これから銀行に行って「遺言信託」の資料でももらってきますかw。

西洋骨董洋菓子店

 宇野常寛著『ゼロ年代の想像力』で言及されていたよしながふみの『西洋骨董洋菓子店』を読みました。図書館にあったのです。地元の市立中央図書館はコミックの棚が充実しているのです。
 下に引用した吉田秋生の『長くゆるやかな流れ』も山岸涼子の『日出処の天子』も全巻そろっていました。だけど、吉田秋生山岸涼子はパスしてよしながふみを借りました。宇野さんの「第九章 解体者としてのよしながふみ」の論考は素晴らしいものでした。

 彼ら四人とその周辺をふくむ登場人物のつながりは非常にゆるやかで、いかなる言葉でも形容しがたい。友人というわけでもないし、単なる仕事仲間とも違う。その空間においては、相手を「所有」する恋愛関係はむしろ回避される。過去のトラウマを涙を流しながら告白する、なんてシーンは当然存在しないが、彼らはこのゆるやかなつながりによって確実に支えられ、豊かな日常を築いてゆき、やがて物語は彼らがいずれゆっくりと散開していくことを暗示して静に終わりを告げていく。
 この物語は明確な「主役」が存在しない群像劇の体裁が取られている。あるときは橘が、あるときは小野が、またあるときは別の登場人物がそのエピソードの主体的自己として機能する。これによって本作は「私」と「世界」が対峙し、そのひずみを埋めるために「誰か」を所有するという回路を徹底的に回避してゆくのだ。(中略)
 よしながふみが決定的だったのは、吉田秋生ほか、多くの作家たちがどうしても捨て切れなかった「所有」の正当性を放棄し、まったく別の成熟モデルを模索しているからだ。
 「あなたにさえわかってもらえば、それでいい」とこの複雑な世界の中から単純な答えを導き出そうとした瞬間、人は「厩戸皇子の呪縛」に囚われてしまう。だがその呪縛はゼロ年代の今、ゆっくりと、だが確実に群像劇へと「分解」されることでようやく解かれはじめているのだ。ー宇野常寛著『ゼロ年代の想像力』p194よりー

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)

 

けらえいこ「あたしんち」

あたしンち(11)あたしンち (12)あたしンち (9)あたしンち (10)
マイミクさんから頂戴した「ATASHIn'CHI」を読む。読み終わったら病院の図書室に寄贈します。
新潮文庫の『大地 全四巻』も寄贈。昨日は『研修医ななこ』(全七巻)、『猫村さん』を診察ついでに寄贈しました。マイミクさん、おおきに…。病院のスタッフが喜んでいました。

きょうの猫村さん 1

きょうの猫村さん 1

研修医なな子 (1) (You comics)

研修医なな子 (1) (You comics)

肩書きは?

kuriyamakouji2008-06-28

 たけくまさんのマンガ業界に警鐘を鳴らす記事をうたかたの日々さん経由で読みました。長文です。
(1)http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_4da3.html
(2)http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_e699.html
(3)http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_e699_1.html
(4)http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_1ff3.html
(5)http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_fbbd.html
(6)http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_f44d.html
(補足)http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_1021.html
 マンガ・プロデューサー制についての処方箋を拝見すると業界人でない読書人の一人として思うのは晩年は「出版プロデューサー」の肩書きだったと思うスーパーエデター安原顕のことを思い出してしまう。こちらのブログで書いているような感情を僕だって多少、持っていました。bk1書評で村松友視の『ヤスケンの海』について、こんなことを書いていました。もう、五年前ですか。
 生原稿流出の件が、著者である村上春樹自身の筆で新聞紙上に出版社宛てではなく、故人の個人宛に弾劾記事が掲載されることは、出版業界事態が余裕がなくなり疲弊していった現れかもしれなかった。こういうトラブルの処理は会社という日本独特のシステムはお得意であったし、内輪問題として大岡裁判をしていたでしょう。せめて村上春樹の文章が小説のようにユーモアの欠片でもあれば、救われたのですが。(http://d.hatena.ne.jp/kuriyamakouji/20060311/p1
 あれから、毎年、出版業界に売上げ減が続いている。石井さんが、講談社の減収減益のことを書いているが、こういう傾向はもはや常態化していますねぇ。やはり、再版維持制度にメスを入れる「規制緩和」が必要だと思う。そうなれば、マンガプロデューサー、出版プロデューサーのみならず、プロの書店人としてのマーチャンダイザー(書店プロデューサー)も求められるようになるでしょう。会社の肩書きで信用度を担保するようなシステムは出版業界のみならず、マスメディアにあっては百害あって一利なしが大原則でしょう。
 自己責任っていう言葉はこんな時に使うのです。大きな木の下で雨宿りしながら、傘もなく右往左往して何とかサバイブしている人に向かって「自己責任」という言葉を使って欲しくない。せめて同等に補完し合ってパッシブ運用、アクティブ運用とバランス良く投資するのが最適なのは当たり前の叡智でしょう。ローリスク、ローリターンなら、まだしも、ローリスク、ハイリターンの年功序列型のシステムを構築し続けたツケがやっと露呈し始めたということでもある。大阪府の橋下改革もそんな一面がある。そんな限りでは評価できるわけです。
 プロデューサー達はもちろん、ハイリスク、ハイリターンに生きる冒険家達でしょう。だから、一方で、身の丈の幸せでいいんだと言うローリスク、ローリターンの暮らしも否定しようとするわけではない。僕なんかそうですものねぇ。まあ、還暦を超えれば普通そうなりますよ。三浦さんのような冒険家は例外中の例外です(笑)。
 そうそう、やっと隔月刊になった『オルタ』の7・8月号が発売されましたねぇ。「徹底特集 世界食糧危機」の目次を見ていたら、 岡井友穂さんの肩書きが、(公称無職のよろず屋) になっていたのには膝を叩きました。多分、リスクはハイかもしれないが、ローリターンでしょうねぇ。やはり、リスペクト出来る人って、ハイリスク、ローリターンを生きている人です。
 サイトを見ると『オルタ』の母胎であるPARCが正職員を募集していますねぇ。こちらは、ハイリスク、ローリターンかどうかはわかりません。応募締切は2008年7月19日(金)必着とのことです。
 来月の2日に発売だとのことです。本屋さんで購入したい方はこちらの本屋さん(http://www.parc-jp.org/alter/other/hanbaiten.html
 参照:リニューアル雑誌『オルタ』と勝手に連帯表明します(笑)。 : My Last Fight